Adwords 電話番号指定オプション(Click-to-Call)

エンハンストキャンペーンへのアップグレードに伴って電話番号指定オプションの機能追加が有ったようです。

電話番号指定オプション(Click-to-Call)
①広告に電話番号を追加することができ、クリックで電話が掛けられる
②広告からの電話はデータが取れる
③通常のクリックと同じくでクリック単価が発生する

と、ざっくりこんな感じです。
元々スマホのみでの機能だったようですが、今回、PC・タブレットでも表示されるようにアップグレードがなされたようです。
※表示のみでスマホ以外でのコールは発生しない

コールできないのになんで?って感も有りますが、アイキャッチ効果の向上は図れるのかな?とも思いますね。
ただ、エンハンストキャンペーンへのアップグレードが必要ということなので、追々移行していくと解っていながらも不明確が故に保留にしている方は多いのではないでしょうか?

アップグレードした場合、グループ単位での電話番号オプション設定が可能になり、以下の機能が追加されます。

・電話発信コンバージョンを計測
指定した長さ以上の通話をトラッキングできるようです。
逆に何秒内をとかできたら閲覧→誤クリックをリタゲなんてできる?ってちょっと興味有ります。
・アメリカ・イギリス・ドイツのみだがGoogle転送番号を無料で利用
・すべてのデバイスをカバー

すべてのデバイスに電話番号表示が可能。(従来はGoogle転送番号のみ)
・より詳細なレポート
タイトルと電番のクリック数比較ができ、全階層での表示が可能。
・電話番号指定オプションを編集しても、掲載結果データがリセットされないようになった。
・スケジュール設定が可能になった

と、色々追加がなされるようですね。
で、長々と書いたこの追加機能なんですが、勿論追加・・・することもなく保留です。
懸念点は以下の通り。

①エンハンストキャンペーンへのアップグレードが必要
②広告リンクの誤クリックによるコールが多々発生しそう
③②の要因も有り、LPを見てない顧客に対してのCVR低下

総括・AdwordsでのCV(問合せ)は上がりそうだが実際の受注のCVRは落ちそう

どちらかというと成果を求める広告よりも、ブランディングを求める機能かな?って感じがしました。クライアントによっては提案の仕方次第で刺さりそうな感は有りますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>